男性が老けて見える原因の大きな一つは白髪やハゲといった頭の状態だと思われます。
ハゲていなくても、白髪が多く、ごま塩頭になっていると実年齢よりも老けて見えます。髪の毛が薄くても老けて見えます。髪の毛は大事で、白髪染めをして手入れをしていると、結構若く見えるものです。
ハゲている人は、どうすることもできませんが、最近はよくできた増毛方法などもあるので、増毛してハゲを隠すと若く見えるはずです。

頭の見え具合で老けて見えたり若く見めたりするものですが、白髪が増えてくると老けて見えます。ちらほら見えるくらいの白髪だったらそれほど年寄りに見えないのですが、ごま塩頭以上の白髪の量が多いと老けて見えるので、ちゃんとケアーした方がいいでしょう。

50歳でも64歳くらいに見えてしまう知り合いの男性は、やはり髪の毛を染めずに白髪頭だったのです。髪の毛を染めていた頃の写真を見たら、実年齢よりも若く見えたのですが、ごま塩頭だったらどうしても実年齢よりも老けて見えます。
それから、男性が老けて見える原因は姿勢にあると思います。シャキッとした姿勢をしていると若く見えますが、猫背だったり歩き方に元気がなかったりすると老けて見えます。

姿勢はとても大切なもので、背筋が伸びていなかったりヨボヨボした歩き方をしていると男性は老けて見えます。動き方にも年齢が現れるもので、しっかりとした動きをすることが必要です。
白髪と姿勢が男性を老けて見せるのです。

男性用白髪染めはシャンプーが手軽で人気
最近ではシャンプーするだけで白髪が自然に染める便利な商品がありますので、先ずは気軽に白髪のケアから初めてみては如何でしょう。

その男性がだらしないと思った時に老けて見えます

男性を見た時、老けていると感じる事があります。
その時、女性はいろいろなことを瞬時に読み取っているのです。
その内容について、まとめてみました。

・頭髪が少ない
頭髪が少ないと、やっぱり老けて見えます。
よくみると、顔がわかいということに気づきます。
しかし、パット見た時に、頭髪が少ないと言うことは、老け顔と捉えてしまいますね。
禿げている人は、余計に老け顔となってしまいます。
特に前頭部のあたりが禿げていると目立つので、老けて見えます。

・服装がだらしない
服装がだらしないと言うことも、老けて見える原因です。
おしゃれに対して関心がない人は、やっぱり老けて見えてしまうのです。
シャツがシワになっている、パンツの裾が汚れている等、そのような状態を見た時、ちょっと老けて見えてしまいますね。

・言葉使いが方言丸出し
言葉使いも、とても大切なことです。
標準語を話していると、少しかっこよく見える事がありますね。
その反対に、方言丸出しで話をしている時、いくつなんだろうと思ってしまうのです。
なんとなく、デリカシーのなさを感じますね。
デリカシーがなくなってくるのは、年をとっている証拠と思ってしまいます。

・白髪がボサボサ
頭髪で、白髪があってボサボサになっている人は、かなり老けて見えます。
白髪であっても、きちんと整理をされている頭髪であると、キレイに見えるので、老け顔と感じません。

老けて見えるのは、人それぞれ感性が違います。
しかし、嫌と思った瞬間、老け顔に見えてしまうと感じます。